迷宮キングダム 大臣を育てる 2.0


大臣は王国の運営を支える柱となるキャラクターで、外交、人心掌握、財政、作戦判定、敵のスキル対策、情報収集に捜索判定と、活躍の場は幅広い。スキル構成によっては石弓を持って自らダメージを与えることもできる。大臣は迷宮キングダムならではのユニークなクラスで、新鮮なプレイ感覚を楽しめるだろう。勿論才覚型の国王や従者でも代用可能だが、猟奇戦役のキャンペーンルールで外交が重要になったことを考えると、ほぼ必須のキャラクターと言って良いだろう。今回は大臣の育成方針について詳しく検討していく。

9/25追記

大幅に改定したので、書き下ろしました。


■総論

大臣の特徴は、才覚の高さにある。才覚の高いキャラクター自体は国王や従者でも作れるし、上級クラスや【覇権】を考慮すると、むしろ大臣よりも他のキャラクターの方が才覚が高くなるので、基本ルールでは大臣でなければならない理由はそれほど無かった。

しかし、猟奇戦役で属国ルールが導入され、属国とする為の条件として関係が「同盟」であることが加わったことから、関係改善を行えるほぼ唯一の手段であるクラススキル【外交】の重要度が一気に高まった。また、関係が悪い国が多いほど王国変動表の判定の難易度が上がることから、外交関係の改善は重要な要素と言える。勿論、これはGMがどのように新しい国をマップに登場させるかによるし、≪民≫を増やしやすいようなハウスルールが導入されていれば、【外交】の重要度は相対的に下がる。

また、才覚を使って判定を行うのは主に科学・召還・星術スキルとなるが、これらの達成値は【図書館】のレベルを上げることで上げることができるので、才覚が少し低くても、【外交】の重要度を考慮すると大臣を選ぶ価値はある。

才覚を活かせるスキルは多いので、取るスキルにも当然幅が出てくる。他のメンバーとの兼ね合いも見ながら、そのとき必要なスキルを取っていくのが基本となる。

■必須スキル

総論でも述べたが【外交】は必須。これを取らないと(もちろんキャラクターの演出の点は別として)、ゲーム的には大臣でなければならない理由が無くなってしまう。

■攻撃系スキル

直接攻撃を行うには、3つの方法がある。1つは、【流れ星】を使う方法。もう1つは【狙う】と【相棒】を習得し、【石弓】で攻撃する方法。そして、最後は【圧唱】を使う方法だ。

【流れ星】は、3つある遠隔攻撃スキルの中で最も効率が良く信頼性が高い。射程の制限も無く威力も2Dと申し分ないが、使用する毎に≪希望≫を必要とする。大臣はあまり≪気力≫を使う場面が無いので十分実用的だ。勿論、【眼鏡】を使って才覚での判定にする。

【石弓】は、レベルが上がると威力だけではなく、命中判定にもボーナスが加わる。武勇の低いキャラクターでもレベルを上げれば十分命中させることができるし、威力もそれなりに出すことができる。勿論さらに射撃スキルを取っていってスナイパー大臣を作ることもできるが、折角の才覚の高さを生かす方が大臣としては効率的。≪希望≫を使わないが、その分1つ余余計にスキルを取らなければならない。

【圧唱】は、スキルの数によって≪希望≫の消費量がかなり多くなることが問題だが、威力が高く、複数の敵に確実に命中させることができる。大臣は≪気力≫が余りがちになるだろうから、星術・召喚・科学スキルが増えたら、これを積極的に使って行きたい。

■防御系スキル

【抗魔式】は必須と言って良い。【外皮】対策としても使えるし、GMが組んだコンボのキースキルをつぶすのにも使えるし、単に厄介なスキルを消すだけでも十分。これがあると無いとでは戦闘の難易度が全然違ってくるだろう。

【転送】は攻防一体の良スキルだが、敵のレベルが上がると成功させるのが難しくなる。ただ、召喚スキルの達成値は【図書館】で上げられるので、計画的に【図書館】を建て増して行けば、かなりのところまで使えるスキルになるだろう。

■サポート系スキル

大臣はかなり忙しい。探索の高いキャラクターがいなければ情報収集や捜索判定をする必要があるし、手が空けば才覚休憩表を振って≪民の声≫の向上に努める必要がある。科学スキルの【マルチタスク】は絶対に必要だろう。【マルチタスク】で2回休憩すれば、≪民の声≫はすぐに一杯になるだろう。【人脈】を取るかどうかは、王国フェイズをどのように扱うかによる。

【宅配便】を使えばパーティ全員が生活レベルまでの価格のアイテムを1つもらうことができ、さらに【お買い物】があれば、価格が才覚の値までのアイテムを好きなだけ入手できる。このコンボは全て才覚で判定でき、【お買い物】が才覚基準であることから、大臣にとても向いている。さらに錬金術師の【分解】があれば、王国の財政がインフレを起こしかねないほどの収入を得られる。錬金術師の条件になる【練成】を使えば、キャンプ中にレアアイテムに変換することでスロットの節約ができる。ちなみに、最も効率が良いのが【破城槌】。また、【合成】を使ってパーティの荷物の整理を手伝うのも有効だろう。

その他には、【憑依】でスキルの修得も有効だし、【お引越し】で施設の運用も面白いだろう。【マルチタスク】と組み合わせれば、【お引越し】で呼んできたクォーターにすぐ戻すことができる。【温泉】、【訓練所】などは重宝されるだろう。星術スキルでは、【流れ星】の他に有用なのは【灯り星】くらい。回避1は少なく思えてしまうが、下手すると1で10%以上も変わってくるので侮れない。

もう一つ大臣ならではのスキルは【電撃作戦】だ。【範囲攻撃】や【爆弾】などエリア全体に有効な攻撃があれば、これで一網打尽を狙える。また厄介な後衛タイプを前に持ってくることもできる。

モンスタースキルでは、【ほんわか】が第一候補。【ほんわか】は【星戦】の完全上位スキル。判定の成功が必要でかつ命中の達成値が上がるエリアが限定される【星戦】に対して、モンスター全員の回避値を判定無しで下げることができる上、回避値が下がることで作戦判定が成功しやすくなるメリットがある【ほんわか】は圧倒的に優秀。レベルが5になるか、あるいは運良く大食らいを民にできたら、是非修得してみたい。

■ジョブ

一般ジョブでは、博士、医者、魔術師から必要なスキルグループに応じて選択することになる。上級ジョブでは第一候補は錬金術師。他のキャラクターが【宅配便】コンボをしてくれる場合は、軍師、委員長あたりが良いだろう。

■アイテム

【眼鏡】は必須。その他にはこれといって必要なアイテムは無いが、施設【図書館】は建てておきたい。敵のレベルが高くなるにつれて、【抗魔式】や召喚スキルなどの難易度がどんどん上がってくる。追いつかなくなる前に計画的に建て増しておく必要がある。

■人間関係

前衛に忠誠を持ち、【熱血】とのコンボで≪気力≫補充を狙うか、後衛同士でライバル関係になり、スキルを共有するのが良いだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中