迷宮キングダム キャラクターレシピ集 第2弾


前回に引き続き、面白そうなクラス・ジョブ・スキルの組み合わせのパターンを幾つか紹介したい。前回と同じで3レベル、【酒場】+【転職所】+【異民街】ありだが、幾つか4レベルでないと作れないキャラクターもいる。今回は勲章が必要なものも含め、上級ジョブもかなり含めてみた。

この記事でも、騎士+勇者のようなわりと標準的な組合せではなく、ユニークな組合せにフォーカスしている。しかし、こうしてキャラクターの組合せのサンプルをたくさん並べてみると、本当に迷宮キングダムのキャラクター作りは奥が深いと思う。今回でユニークな組合せはほぼ出し尽くしたのではないかと思うが、これ以外にも面白い組合せや強い組合せはまだまだあるだろう。

今回のレシピはこんな感じ。

  • 宝を稼げ!努力で乗り切れ!でも戦闘はモンスターに任せる従者
  • 遠距離で大活躍、複数回射撃で超大ダメージを叩き出す射撃専門従者
  • 鍛冶の道を究めた国王。短剣を振るって戦闘でも大活躍。
  • 民の声を高め、財政を助けるアイドル神官
  • 外交、内政、戦闘とフルに活躍できる錬金大臣
  • 敵のスキルを奪って宮廷に供給する異色の騎士
  • 前衛で活躍、敵のスキルを奪って宮廷に供給する異色の従者

忍者のキャラが一つも作れてない(>< 色々試してはいるけれど、特にこのレベル帯だとなかなか面白い組合せが作れない・・・・


○宝を稼げ!努力で乗り切れ!でも戦闘はモンスターに任せる従者

クラス:従者
ジョブ:働きもの・猛獣使い
才:2
魅:2+1
探:2+1+1+1
武:2

スキル:
お手伝い 
お宝
真の想い
(モンスターからのスキル1種)
がんばる
獣回し

3レベルになった直後ではこのスキル構成は取れないと思われるが、次のセッションの王国フェイズ時にこの形にすることはできるだろう。【狩り】+【マルチタスク】キャラクターとは異なり、モンスターからのお宝で稼ぐキャラクター。お宝表を振る回数を【お宝】で増やしたり、気に入らなければ【がんばる】で振り直すことができる。また休憩表、痛打表、ハプニング表なども気合で振りなおし、余り良くない結果だった場合改善を試みることもできるのが強みだ。また、王国災厄表(振りたくは無いが)も、迷宮フェイズに振っている限りこの対象に含まれる。もちろんアイテム稼ぎだけではなく、探索を活かして捜索判定や罠の解除もできる。

戦闘中は、【獣回し】でモンスターを召還し、ほぼモンスターに任せっきりになるだろう。他のキャラクターが≪希望≫が必要であれば【お手伝い】でどんどん渡してしまうのが良い。また、前衛を張れるモンスターであれば、放っておいて自分は協調行動に徹するという手もある。

将来的には再訓練で真の想いと【異民街】で得たスキルを取り直すのが良いだろう。このキャラクターは探索にフォーカスしている為、【罠師】、【足止め】、【地裂】、【隠行】などの迷宮スキルや、【大かばん】などのサポートスキルが良いだろう。ある程度迷宮スキルがたまってくれば、【獣の記憶】も面白い。他の従者に≪気力≫をもらわない限りあまり長持ちはしないが、ドラゴラム状態で短期間かなり暴れまわることができる。

○遠距離で大活躍、複数回射撃で超大ダメージを叩き出す射撃専門従者

クラス:従者
ジョブ:剣闘士・怠けもの
才:2
魅:2
探:2
武:2+2+1+1

スキル:
必殺(異民街で取得)
相棒
連射
援護射撃
撃墜領域
狙う

再訓練をしないと作れないキャラクター。ジョブスキルやクラススキルを射撃スキルに取り替えて、とにかく射撃攻撃にフォーカスしたキャラクター。その分相当大きなダメージをたたき出すことができる。≪希望≫を消費しなくても、前衛に対して≪好意≫さえ持っておけば、必ず毎ターン2回攻撃できる。【相棒】で【鉄砲】に対する≪好意≫を上げて威力を高めておけば、その効果が2倍利いてくるわけだ。さらに、【撃墜領域】、【連射】で最高毎ターン4回も攻撃できるのだ。敵のターンで【撃墜領域】を使って威力を10点上げておき、それを【援護射撃】でも利用することもできるし、もし後攻であれば、さらにそのまま自分のターンで【連射】することもできる。防御スキルは無いが、その分攻撃力は抜群といえる。特に他の従者が≪希望≫を供給してくれたり、【必殺】で絶対成功が何回か出るようであれば、恐ろしい活躍ができるだろう。

【魔杖】を手に入れることができれば、怠けものを星術師に転職し、【狙う】を捨てて【星のこえ】を再取得して【魔杖】の条件を満たし、≪希望≫の供給を改善するという手もある。武勇は1下がってしまうのであるが、さらに【衛星帯】を手に入れることができれば威力が最大5点上昇するので、両方のレアアイテムが手に入れば、悪いトレードオフではない。

上記のスキル構成から、さらに【零距離射撃】、【受け流し】、そして6レベル目でジョブスキルを取り戻しつつ勇者に転職し、【決戦存在】を取れば、前線に加わることも出来るだろう。

○鍛冶の道を究めた国王。短剣を振るって戦闘でも大活躍。

クラス:国王
ジョブ:刀匠
才:0
魅:4
探:4+1
武:1+1

スキル:
覇権
乱舞(モンスターから獲得)
疾風怒濤
修理
業物

【短剣】+【乱舞】+【疾風怒濤】の変形。【覇権】で武勇を高めて戦闘に参加する。【業物】を使って自分の【短剣】や他の前衛の武器を活性化し、レベルを高めるというのが狙い。自分は絶対成功率がかなり高いので、少なくとも自分の武器はレベルアップできるだろう。この方法だとキャラクターレベルまでしか武器のレベルを上げられないので、低いレベルでは逆に【相棒】の方が良いかもしれないが、ジョブスキルで他のキャラクターの武器もカバーできるところがこの組み合わせの魅力。

【鍛冶屋】を建てる必要があるが、前衛キャラクターが多いようであればこのキャラクターは面白い。【修理】は余り意味がないので【受け流し】に再訓練したいところだが、刀匠では肉弾スキルが取れず、このスキルをなくしてしまうと刀匠に戻れなくなるのが問題。次のレベルまで待つ必要がある。

○民の声を高め、財政を助けるアイドル神官

クラス:神官
ジョブ:アイドル
才:2
魅:4+2+1
探:2
武:1

スキル:
祈り
信仰
流れ星(モンスターから獲得)
灯り星(または熱血)
ファン

神官の高い魅力を生かして、【ファン】の効果を高める組合せ。単純にMG稼ぎの点では【ファン】はそれほど効率的とは言えないが、神官が確実にMGを稼ぐ方法はこれ以外にはあまりないことと、≪民の声≫が増えることでいざと言うときにより粘り強く戦えることから、高い魅力を活かしてアイドルになっておくことには十分意義がある。レギュラーの神官には早めに勲章を一つ渡しておきたい。

星術師の【星のこえ】は魅力だが、【星の欠片】が大量供給できる体制を作らないと活かしきれないし、逆に従者がお買物コンボで【星の欠片】を確保できる場合、そもそも神官が星術師でなくても【お手伝い】で≪気力≫をもらえることになる。周りのキャラクターのスキル構成にもよるが、≪気力≫を渡せる従者がいれば神官は早めにアイドルになって損は無い。

○外交、内政、戦闘とフルに活躍できる錬金大臣

クラス:大臣
ジョブ:錬金術師
才:4+1+1
魅:2
探:2+1
武:1

スキル
外交
練成
抗魔式
流れ星(モンスターから獲得)
分解

いらないコモンアイテムを【分解】で素材に変える大臣。5個以上素材が必要なコモンアイテムであれば、【押し売り】で押し付けるよりこちらの方が収益が高い。特に【宅配便】+【お買物】従者と組むと強力。
モンアイテムを素材に変えてどんどんレアアイテムを生産しよう。

勿論生産だけではなく、戦闘でも活躍できる。【外交】で≪気力≫を貯め、【流れ星】で攻撃する(【眼鏡】の効果を使って才覚で判定する)。いやなスキルは【抗魔式】でつぶしておく。≪気力≫には余裕があるはずなので、かなり頻繁に攻撃呪文を撃てるはず。

【外交】は他の国との関係改善にも役立つ。特に属国ルールを使用する場合、同盟国を増やしておくのはとても大事なこと。属国ルール以前は単なる≪気力≫貯めだけのスキルだったが、これで非常に重要度が高まった。

【練成】は【マルチタスク】に再訓練した方が良いかもしれない。【マルチタスク】があれば、才覚休憩表が振りやすくなる。≪民の声≫を高めるのも大臣の重要な仕事の一つだ。

○敵のスキルを奪って宮廷に供給する異色の騎士

クラス:騎士(4レベル)
ジョブ:迷宮支配者
才:1
魅:2+1
探:2+1
武:4+1

スキル:
範囲攻撃(異民街で取得)
兵戈
乱舞
突撃
受け流し
断章

迷宮支配者のジョブスキル【断章】を活用するキャラクター。【断章】はモンスターを倒した時に使用したアイテムにのみスキルを封じ込められるので、白兵戦か射撃戦で組む必要がある。このキャラクターは白兵戦向け。

普通に考えると、スキルを封じ込める対象のアイテムは、まず間違いなく武器アイテムになるだろう。前衛であれば武器で何の問題もないが、後衛では白兵戦武器はスロットの無駄遣いになる。スキルが取れるのであれば1スロットつぶすのも悪くは無いが、できれば実際に使えるアイテムにスキルを封印しておきたいところだ。実はどのアイテムも射程0、威力1の白兵戦武器として使えるのだが、このままでは止めをさすことは難しい。何らかの方法で威力を上げる必要がある。

騎士を選択し、【兵戈】、【突撃】を使えば威力1の武器でも7点、または9点と与えることができるので、止めをさす機会は十分あるだろう。モンスタースキルの【範囲攻撃】があので、上手く動けば雑魚の群れを一掃することもできる。攻撃的なキャラクターと言える。

普通の前衛であれば【相棒】と【突撃】のどちらをとるか悩むところだが、この組み合わせでは【突撃】がベター。【突撃】であればどのアイテムを使っても威力に上乗せできるところがメリットだ。

○前衛で活躍、敵のスキルを奪って宮廷に供給する異色の従者

クラス:従者(4レベル)
ジョブ:剣闘士・迷宮支配者
才:2
魅:2+1
探:2+1
武:2+2+1

スキル:
範囲攻撃(異民街で取得)
お手伝い
乱舞
突撃
受け流し
喝采の一撃
断章

基本的には上と同じ方向性のキャラクター。【兵戈】はないが、もう一つのジョブ【剣闘士】を組み合わせることで、威力の問題を解決できる。スキルを封じ込めたいアイテムで攻撃した後に、【喝采の一撃】で威力を高めて止めをさしてしまうというわけだ。≪民の声≫さえ溜まっていれば、【喝采の一撃】は事実上ノーコストでかなり大きなダメージを出せる可能性がある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中