迷宮キングダム 「大災厄村」 第7回


今回は私のGMの番でした。趣向を少し変えて、PC毎の個別オープニングを演出してみました!


今回は以下の5人のPCが参加しました。

  • “7人の敵がいる” カノン国王
  • “果報は寝て待つ” ルージュ大臣
  • “石橋を一升瓶でたたいて渡る”デカスロン神官
  • “脛に傷持つ” 忍者アンナタール
  • “天上天下唯我独尊” 従者 悪事ドラゴン

アンナタールは第1回以来ですから、本当に久しぶりですね。

シナリオは、参加全キャラクターの使命を達成することを目標に、全キャラクターの背景を拾い上げて、それをつなげられるようなストーリーを考えて作りました。カノンがもといた国は犬を信仰の対象にしていました。当時の宮廷は国王を暗殺する為に神殿で毒を作っていましたが、匂いが強いので、放し飼いにした犬の糞の匂いでごまかしていたのです。近隣の住人の抗議に対処する為、本来は形だけ抗議する目的でカノンが送られますが、カノンは毒を作っているところを見てしまいます。その為、宮廷から濡れ衣を着せられて追放されることになったのでした。

それぞれのキャラクターの背景を演出した後、宮廷メンバーは偶然迷宮の中の酒場で会い、目的達成の為国を作ることにした、という流れになりました。

シナリオとしては、カノンがもといた「統一ローマ村」が、属国に兵力を集めて隣の国を攻めようとしている、という情報が千年王国の使者ミレイからもたらされるところから始まります。この地域には大きな星溜まりがあるのですが、その開発に出遅れている千年王国は、不安定な「統一ローマ村」に取らせるよりは、大災厄村に中立な立場で星だまりの開発をさせる方が良いと判断したようです。ミレイは隙を突いて「統一ローマ村」の宮廷を倒すように依頼します。

統一ローマ村の入り口には砦があるのですが、守備は手薄。ここにはカノンの7人の敵の2人として、要人とダンジョンオタクを配置したのですが、雰囲気重視の敵なこともあり、簡単に突破されます。次いで王宮前の広場に移動。ここから王宮に行く道には解除不可の通行料の罠があるのですが、アンナタールの「神の指」で無効化し、一直線に王宮へ向かいます。

宮廷はまず神殿に向かい、敵を撃破。アンナタールの使命であった天狗も登場、ここで倒されます。次いでボスの部屋へ突入。ボスはレベル調整されたケルベロス。ちょっとは粘るかとも思ったのですが、星のこえで気力を大量消費したカノンの一撃により死亡w

ケルベロスは、この近くにある星だまりの中に隠されているという、「鍵」と呼ばれるアイテムを探していたようです。この「鍵」は、迷宮のどこかにある唯一の「出口」を開ける為のもの。ミレイはこれを知っていて、この「鍵」を入手する為に、自分の話を聞いてくれる王国にこの星だまりを押さえさせようとして暗躍していたのでした。ただ、本人も「鍵」が何かは知らず、それを調べる為に、もう一度千年王国の首都ペルペティウムへ戻ることにします。

バラバラな設定や伏線を拾い集めて、それをまとめて説明できる背景ストーリーを考えているうちに、色々と膨らんできました(笑)。この方法はシナリオを作るには結構良いかもしれません。

今回のオープニング演出は、成功失敗が結構あったのではないかと思います。面白いやり取りができるようなNPCが設定されていないと、なかなかプレイヤーとしても乗ってきにくいかなと感じました。そういう意味では、NPCをしっかり作っておくことが重要ですね。特にアンナタールの部分はとても上手く行ったと思いましたので、あれくらいのものを目標にしたいと思います。

また今回は【衛星帯】、【機械甲冑】など強力なアイテムが出ました!分身でお宝を2回振るというのが効いていましたね。

次回は054さんGMのセッションになります!今回の展開を参考に、私の神官もちょっと手直しして望もうかなと思います。

広告

迷宮キングダム 「大災厄村」 第7回」への2件のフィードバック

  1. まぁ天狗は実際はダメージが減っている状態からでしたが・・・。
    お宝でずいぶんいい目を出していただけて、かなり面白い感じです。
    見越したかのように、王国フェーズで星術師になってましたしね。
    次回はがんばりますが、一回のシナリオで100匹を倒すのは厳しいんじゃないかなぁw
    あとはダイナマイトも出したいし、複線も活用したいし、いろいろ悩みますね。

  2. こだわらずに好きなようにシナリオを作ってくださればそれでいいと思いますよ(^^
    私のキャラクターの使命は別に無理に達成しなくてもいいです。また次回は100人集まれば王国レベルがレベルアップするはずですし、今回のように各キャラクターの背景をシナリオに巻き込まなくてもいいかなとも思います。何回か今の背景、使命のままでプレイして、演出でそれを感じさせて、プレイヤーの印象に残してから使命を達成した方がインパクトがあるかなぁという気もしますしね。
    今後続けやすいように伏線を色々撒きましたが、長く続けるにはそれも一気に回収しないで少しずつ使うのも手かな、と思います(無くなればまた沢山撒きますが(笑))。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中