アリアンロッド オリジナルキャンペーン2−1「螺旋」


邪神の復活と瘴気の氾濫により滅亡の瀬戸際に立ったエリンディルであったが、勇者たちの活躍によりつかの間の平和を取り戻すことができた。しかし、この危機が残した爪痕をきっかけに、エリンディルに再び戦乱の嵐が吹き抜けようとしている。

聖杯戦争の戦勝祝賀会会場で、エリンディル全体を揺るがす大事件が発生。その犯人の重要な手がかりを握る人物を追って、勇者たちは南方エルーラン王国の首都、ログレスまで旅立つことになる。そこで勇者たちを待ち受けるものは果たして何なのか。

人の敵はやはり人なのか...この世界の行く末は、三度勇者たちの手にゆだねられることになる。アリアンロッドオリジナルキャンペーン第3弾、「螺旋」。戦乱の地が君を待つ!

キャンペーンの構想自体は半年ぐらいかけて作ってます。前回キャンペーンで世界に大きな爪痕が残ると同時にPC達も大分成長してることを踏まえて、前回キャンペーン後の世界で大きな話を展開するとしたらどうなるかな、というのがスタート。

今回は、エリンディルの各国を互いに争わせようとしている勢力「箱船」との戦い。「箱船」とはどのような組織なのか?その目的とは何なのか?ヴァンスター帝国とエルーラン王国の戦争の行方はどうなるのか?キルディア共和国では何が起きているのか?今回のシナリオでは、作り込んだ背景設定を元に、伏線をはりまくってます。敵と戦いながら、崩れようとしているエリンディルの平和を守り続けることで、だんだんこれらの伏線が解けていくような展開を予定してるので、お楽しみに!

今回のラスボスは始めてラスボスらしい手応えの強さになったかなと思う。次回以降はこの感じをベースに、敵の数を増やしたり趣向を変えたりして戦闘に飽きないように工夫するつもり。課題なのが情報収集なんだけど、リプレイなんかをみていると、単純な情報収集はロールプレイを挟まずに判定1本で行っていることも多いので、今後はこれを使ってテンポを高めていこうかなと。全部ロールプレイで進めると臨場感はあるけど、その分NPCの数を増やさなければならないので、若干キャラクター確立の焦点がぼけてしまい、ストーリーを作る上では余りプラスにならないしね。

次回は始めてキルディア共和国へ向かいます。迷路都市メアンダールで、PC達は一体何に出会うのか?乞うご期待!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中