ICC10 Druid (Star Chaser Raid)


今日も人が揃っていたので、Saurfangにチャレンジしてみた。

最初のトライでは70%まででワイプ。最初ということもあり、タンクが両方ともAddがどうなるか見ていて交代が遅れ、ボスがHPを回復して削りきれなくなっていた。ただ、Addの処理はかなり上手く行っていて、何か上手く行けそう、という手応えがあった。

そこで2回目にトライ。2回目は徐々に削って50%まで行ったが、その時点でワイプ。ヒーラーが維持できなかったということではなく、Berserkタイマーが来る直前だったので、ちょっとDPSが足らない印象。

3回目はヒーラーを減らしてDPSに変えてトライしたものの、今回はより早いタイミングでワイプ。かなりダメージが多いファイトなので、ヒーラー3人でないとかなり厳しいみたい。

その他のボス戦を見てもDPSポテンシャル自体は十分だと思うので、問題はAddのコントロールを改善して、スネアやカイトの時間を減らし、Addにダメージを与える時間を長くすればいいのかな、と思う。Addは35秒おきに2匹出現し、それぞれ10万のHPがある。これを例えば30秒で倒すとすると、6,700DPSが必要。これ自体はそれほど高い数字とは思えない。特に複数のDPSがダメージを与えているとすれば、今の装備でも十分達成できる。

ではどうやってAddのコントロールを改善するか。1つは、レンジDPSを左右の端に配置し、トラップ/トーテムを中央において、常に自分より一番遠いMobにDPSしてもらう方法。こうすれば、Aggroが入れ替わり、Addは中央付近で左右を行ったり来たりするはず。これで逃げる時間を減らせば、その分DPSの時間を増やせる。もう1つは、みんなでCCするのではなく、1人(2人)が責任を持ってコントロールする方法。こうすれば残りのレンジDPSはダメージに集中できる。

ここが改善できればSaurfangをやれると思うので、色々知恵を出し合って上手く行く方法を見つけたい 🙂

広告

ICC10 Druid (Star Chaser Raid)」への2件のフィードバック

  1. ICC4thで詰まってらっしゃるようなので、余計なお世話かもしれませんがアドバイスを。
    いかにBlood Powerを溜めさせないかがポイントであり、DPSレースのボスになります。
    基本的な注意点は、
    1.Blood Novaのリンクを防ぐためにRangedは必ず12yd以上離れる。
    2.Blood BoilをくらったらMageはIB、PalはDSを即座に使う。
    3.PalはHoPで他PCのBlood Boilを即消し(CD毎に使うこと)。
    4.Pri(Discが望ましい)はBlood BoilをくらったPCにShieldを使うこと。
    5.Melee(Tank含)はAddに殴られないようにAoEskillに注意を払うこと。
    6.AddはSnare状態にするのが望ましい(TrapかTotem)が、無ければTankのTauntでお手玉。
    7.BalDruかEleShmの吹き飛ばしを活用。
    8.Dpsが足りなければ2Healerでやる。

    • ありがとうございます!大変参考になります。HOPは意識してませんでした。それに、確かにTauntで引き戻す方がDPSにカイトさせるより有効ですよね。全然気づきませんでしたが、これは凄く良い方法だと思います。これ次回試してみます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中