Festergut、夢にでそうw (Star Chaser Raid)


Festergut戦を前に景気付けに一杯やっているノリシオ氏。午後のアンニュイなひとときだ。手前のみかんと頭の大きさを比べてみて頂きたい。ノームが小さいのか、それともみかんが巨大なのか。謎はつきない。そしてこのSSの中にはもう1人人物が隠れている。さあどこにいるだろうか?

WipeしつつもSaurfangを撃破し、冷凍ガスでSaurfang戦以上の犠牲者を出しながらもミニボスも撃破。時間も気力も十分でPlagueworksへ。Precious/Stinkyと戦い、Preiousとは壮絶な相打ちを演じることとなったが何とか撃破w いよいよFestergutにリベンジ。

最初は2ヒーラーで望み、なかなかいい感じで削っていたんだけど、二人だけにどうしても穴があきやすく、少しずつ死者が出てしまう。そこで今日はFesterは一時置いておいて、ヒーラーを増やしてRotfaceの様子見をすることにした。そして一通り説明して望んだけど、これ難しいねw 自分としてもリサーチ不足のところがあったし、Tac的にももう少しだった。

まず思ったのは、レイドを真後ろに1グループにまとめるよりは、右後方と左後方の2グループに分けた方がいいな、ということ。1グループにまとまっているとSprayが来た時に必ず全員動かなければならない。2グループに分かれていればこれが2回に1回で済む。このレイド色々気にしなければいけないことがあって気がつくとSprayを食らってたりするんで、リスクを減らす方がいいと思う。

今回はカイト担当をPoloさんにお願いしたんだけど、ウォリアーではかなり難しいので、PaladinのAsiさんかハンターのShraさんにお願いした方が良かったかな。Paladinならレンジでもある程度Threat出せるし、Mutated Injectionを良いポイントで消せるというメリットがある。ハンターはカイトに向いているし、トラップを置いてLittle Oozeのカイトも手助けできる。

そして単にスライムをくっつける、というTac指示ではなく、カイトしている人の所へ行く、という方が分かりやすいし、スライムに近くなりすぎるリスクが低かったかなと。後は、レイドから離れる場合に、離れすぎないようにする(中央の床の円の若干外側程度)ように気をつけるべきだった。

Rotfaceはレイドの動きだけの問題なんで、コツさえ掴めば十分いけそうな気がする。Festerも手応えはあったので、3ヒーラーで行けば安定して戦えると思う。もう少し辛抱すればPlagueworksへの一歩を踏み出せそうだ 🙂

広告

Festergut、夢にでそうw (Star Chaser Raid)」への2件のフィードバック

  1. 最初ここ難しくって何度wipeしたことか・・(遠い目)
    kiteはうちはpalでやると安定しましたね。スライム合体はヒーラー信じてぶつかるつもりが正解だと
    思いますよ。いかに早く合体させるかが肝となりますので。
    ここは慣れが全てですし、一度慣れるとボーナスボスに変わりますのでがんばってください。

    • これがボーナスボスに変わるんですねw そうなったら達成感あるだろうなw
      いつもアドバイスありがとうございます。次回はぶつかるつもりでいきます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中