AOE Tanking & Blood/Frost DK


Laurethia、プレイ時間26時間でレベル70に到達。さすがフルHeirloomとレベル55スタートといったところだろうか。TBCのインスタンスを幾つかと、UKをタンクすることができて、かなり楽しめた 🙂

大部分はBloodでタンクした。Morbidityを3ポイント取ってDeath and Decayのクールダウンを15秒に下げて、全プルこれを使う感じ。DnDの後はIcy Touch、Plague Strikeの後PestilenceでDiseaseを全ターゲットに広げて、後はTABでターゲットを変えながらDeath StrikeやDeath Coil、Heart Strikeで適宜Threatを押さえていく。

BloodはAOEが難しいといわれているけど、Morbidityに3ポイント入れてDnDを毎プル使える状態でタンクしたら、それほど問題は感じなかった。DnDに入ってくれさえすれば、DPSが攻撃を始めない限り自動的につかめるしね。

ただ、何らかの理由で中盤に新しいMobが戦闘に参加すると、とたんに厳しくなる感じ。というのも、DNDのクールダウンは長いし、クールダウン終わっててもRuneが十分にそろっているかどうかという問題がある。BBはそれほどThreat取れないし。それに、DKは唯一AOE Tauntがないんだよね。だから、Blood RuneもDNDも無い状態だと、結局のところTaunt打って、DC打って、近づいて殴って何とか捕まえる感じになる。

まあ75になってEmpower Rune Weaponが使えれば問題ないだろうし、Addの可能性があるPullはわかっているので、位置取りに気をつければどうということはないという考え方もできる。

Frostでもタンクしてみた。Dual WieldのFrostタンクでかなりかっこいい感じだなーと思ってたんだけど、実際にTankするときは相当画面引いてるので、よく見えないw さすがにFrostのAOE Threatは凄くて、開幕DND – Howling Blastと流すともうほぼ跳ねることはない。さらにFrost Runeが戻ってきたらも一度HBして、足りないMobにIT。Howling BlastにGlyphしておけばDiseaeseの管理もいらないし、やりやすいスペックだ。

このスペックだとむしろDnD使わなくてもいいくらいなので、むしろDnDは基本的に使わないようにして、必要な場合に使うということでOKかも。それでAggroを維持できるようであればDWでImproved Icy Talon入りのスペックを組めるので、是非今後試してみたい。

Warrior、Druid、Blood DK, Frost DKとタンクしてみて、個人的に一番AOEがやりやすいのは、やっぱりドルイドかなw Swipeってクールダウンがないんで、いつでも好きなときにAOEでMobをキャッチできるのは大きい。チャージもあるんで出向いていけるしね。ただ、ドルイドはインタラプトが無いに等しいのでキャスターMobを引っ張ってくることができない。LOSプルや距離プルを使えば簡単なんで悪くはないんだけど、いざ戦闘が始まってしまうとオプションが限られてしまう。

WarriorとFrostDKが個人的には同じ位の感じで、Bloodはちょっと大変かな。まあ慣れの問題もあると思うけど。Paladinはタンクしたことがない。かなりやりやすそうに見えるけど、どうなのかなw

まあまだDKはレベル70にしかなってないのでクラスを語るのは早過ぎるし経験も足りない。ただ方向性はわかってきたと思う。Bloodのタンクスペックを一つ取ることは確実なんだけど、もう一つはFrostのDWタンクスペックにしようかな、と思っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中