ICC10 Druid vs 教授&DW (Star Chaser Raid)


ドルイドで教授戦OT。Abominationの扱いは最初は戸惑ったけどすぐにコツをつかむことが出来た。Eat Oozeはスキルを使った瞬間に効果を発揮するんで、実際にOozeが地面から消えるまでそこに立ち止まって無くてもいいみたい。これに気づいてからかなりGCDの無駄が無くなり、次のOozeを早く食べ始めたり、空いた時間で殴ったりスローを入れたり出来るようになった。実は殴りのダメージはかなり大きいし、armor -4% のデバフ(最大20%)が入るので馬鹿にならない。

最終フェイズは、とにかくMutated Plagueのスタックが多くなりすぎないようにTank交代するのと、Tankingクールダウンを維持するくらい。T10が揃っていないので、Armor Potion、Barkskin、SI+FRの3セットをつないで生き残ることができた。全キャラを通じて初の教授Kill。やった :-)

次は王子かDWという流れで、ミニボスもあることからDWへ。最初は3ヒールでやってちょっと届いていない感じだったので、私のドルイドをプリーストに入れ替えて4人でチャレンジ。ところが私のプリースト一人ではレイドヒールが追いつかず結局Sillyさんと2人でヒールすることになった。この体制で何回かやったけど、結局90%を超えることができなかった。

とにかく、開始6分前後でAddの発生速度が上がった状況をどれだけ乗り切れるかが鍵なんで、クールダウンやThroughput重視のローテーション(シールド、POH、シールド、POH、、、、)への移行をタイミングを見てやらないといけないんだろうね。

是非明日はDW、王子、王女と倒してSindragosaに挑みたい!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中