Heroic Laurethia!


普段は夜はプレイしないんだけど、今日は一念発起してICC25のPugへ。さすがに月曜の夜だけあって中々すっきりとは行かず、最初のトラッシュで複数回ワイプ。あーこれは解散かと思ったものの、何とか持ちこたえてMarrowgarまで到達。いつも思うんだけど、Lower Spireで一番難しいのは下手したら最初のTrashだよねw Marrowgar以降はかなりスムーズに進んだ。

Kingslayerを持ってる人がいたので、Gunshipはヒロイックで。防御側にタンク2人置いて安全策を取り、見事撃破!そして出ました、Boneguard Commander’s Pauldrons! なぜかここではRollで負ける気がせず、見事92でゲット!初めてiLevel277のアイテムをゲットできた!!! :-) 後で3Kで売ってくれと言われたけど、当然丁寧にお断りしたw

ギアアップしたのは肩だけじゃなくて、手もGauntlets of the Krakenにした。既に足がT10じゃないので、手をこっちにすると4Pボーナス揃わなくなるんだけど、色々考えた結果、DKの場合は別に4Pいらないなーというのが正直なところ。

タンクのT10 4pは、10%強のダメージ減少が出来るクールダウンが追加される、というものなんだよね。パラディンは良く分からないけど、レイドに来るWarやドルイドのタンクのクールダウンはこんな感じになっているはず。

War

  • Shield Wall: 2分に1回40%ダメージ減少(Glyphとタレント)
  • Last Stand: 2分に1回最大HPを30%増加(Glyphとタレント)

Druid

  • Barkskin: 1分に1回20%ダメージ減少
  • Survival Instincts: 3分に1回45%最大HPを増加(Glyphとタレント)

SindragosaのP2、Lich Kingのように大ダメージが定期的に来るボス戦では、これでは若干足りない。特に30秒に1回Soul Reaperで50Kが来るLich Kingでは、これらだけではカバーしきれないんだよね。もちろん、Strength of Wrynの影響で即死はしなくなったし、オフタンクと1分ずつ交代する手もあるんで必須とはいえないけど、War/DruidがT10の4Pを揃えてクールダウンをもう一つ持てば、戦術の選択肢が増えてヒーラーのやりやすい方向に合わせられるという点で、かなり重要な意味を持っていると思う。

ところがDKの場合は、もともとクールダウンが多い。例えばBloodだと、

  • Anti-Magic Shell: 45秒に1回スペルダメージを75%減少
  • Icebound Fortitude: 2分に1回ダメージを30%減少
  • Vampiric Blood: 1分に1回15%最大HPを増加+ヒール効果35%増加 (Glyphとタレント)+Rune Tap

これだけクールダウンがあるので、クールダウンをこれ以上増やすよりも、個々に性能が良いアイテムを装備して全般的な生存力を底上げする方がいいのかなというのが印象。DKはタンククラスの中では唯一Block相当の能力が無いので、何もしなければ被ダメージは他のクラスより多くなるかもしれないしね。

そういう意味で、後フロストでアップデートできるのは頭とチェストなんだけど、チェストはCataclysmic Chestguardにして、頭はICC25のLDWからのヘルムを狙うつもり。今のところAOEでThreatの問題は感じていないので、T10の2Pボーナスもすぐに必要とは思わない。もちろん、あればTrashでは役立つので、最終的に持っておくのは悪いことじゃないとは思う。

Magicダメージが多いSindなどに備えて敢えて頭より先にCorroded Skeleton Keyを買う手もあるかもしれない。Glyph of IndomitabilityをCSKに取り替えて、Black Heartとセットで使えるしね。

色々考えることが多いけど、その分楽しいねw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中