強いレイドチームを作るには


このブログ、私のWow関係のお悩みと結果報告ばかりなので、たまには役に立つことを書いてみたい。そこで今日は強いレイドチームを作り、育てていくためのアプローチについて話してみようかなと思う。

前提として、ボス戦の成功・失敗がどのように決まるかということをまず議論しておきたい。上に10人の仮想レイドでの個々人の貢献量を棒グラフにしてみた。この貢献量は装備というだけではなく、プレイスキルや戦術理解も含まれる。

エンカウンターデザインの観点では、チームトータルでのパフォーマンス(各人に平均的に期待されるパフォーマンス)と、個々人が最低クリアしなければならないパフォーマンスの条件のコントロールが主要なツールではないかと思う。これによって、チームとしての取り組みと、個々人の貢献の両方を求められるからだ。最高パフォーマンスがどれだけ高いかを条件に組み込むこともできるが、音楽のソロとは違い、1人のプレイヤーがスターになるというのは継続的なチームを念頭に置いたデザインではあまり良い手とは言えない。

トータルのパフォーマンスは、例えばEnrageを切るためのDPS。チームメンバーで割れば、各DPSがどれくらい出す必要があるのかが分かる。これは、全体で到達していれば良いのであって、必ずしも全員が平均値を超えていなければならないものではない。これに対して、最低必要パフォーマンスは、例えばBlood QueenのBite。これが上手く出来ずMCされてしまう人がいると、それだけで他とは無関係にWipeしてしまう。これは全員が超えなければならない値。

つまり、全体の平均値をどう上げていくかということと、最低パフォーマンスを超えられないメンバーにどう対処するかということがレイドチームを成長させていく上での課題になる。

全体の平均値をどう上げるか

  • もともと有望なプレイヤーを揃える(入団審査方式)
  • 装備を向上させる(メインのRaidの他に、エンブレムファームや一つ前のRaidの取り残しを取りにいくなど)
  • 装備の選び方、プレイの仕方、ボス戦の戦術について情報を共有する
  • プレイヤーの装備やパフォーマンスをモニターして、適宜アドバイスする(クラスリーダー方式)
  • レイドのシナジーを向上させる(レイドバフ・デバフのスタックを念頭に置いた編成)
  • 消耗品の利用を義務付けたり、ギルドでサポートする
  • チームワークの向上(ボイスチャット)
  • モラルの維持
  • 常に採用を続ける

どの分野でもそうだけど、もともと能力のあるプレイヤーはさらに伸びる。だから多くのギルドでは入団審査方式を取っている。カジュアルなギルドや、プレイ人口が少ない環境(人口が少ないサーバーなど)ではこういう方式は余り取れないので、ギルド内で情報共有などを進めることに力を入れる必要があるだろう。また、25manを中心にプレイするギルドでは、各クラスにクラスリーダーを設定して、クラスメンバーの装備やパフォーマンスを見て、アドバイスを行うということも考えられる。

以前も書いたけど、バフ・デバフを重ねることで、パフォーマンスは倍近くなる。クラスやスペックの偏りの為に必要なバフやデバフが漏れていれば、編成を変えたり、それが難しければドラムなどの消耗品での対処を行うことは極めて重要。バフ・デバフの効果が大きいことは中々直感的には分かりにくい部分なので、特に意識しておかなければならない。

チームとして連携を取って動く必要がある場合は、ボイスチャットの使用が効果的。戦闘中はGCD毎に色々スキルを使っているので、タイプすることは難しい。それにスクリーン上には既に色々な情報が出ているので、DBMなどの警告もそれに埋もれることも少なくない。デバフのような地味なものはなおさら。全員が好き勝手にしゃべり出すと逆効果なので、ルールを決めて慣れておく必要がある。

モラルについてはまた項を変えて議論する。

どのようなギルドでも重要なのは、常に採用を続けること。色々な理由でプレイヤーはゲームをやめたりギルドを抜けたりする。このこと自体は変えることはできないので、それを前提に運用していかないといけない。

色々と方策を議論したが、これらが必要になるのは、難しいエンカウンターに次々挑戦していく場合(限界にトライする)だけ。比較的簡単なレベルのエンカウンターに取り組むという方針を採れば、必要なパフォーマンスにかなり余裕ができ、最適化していないキャラクターや平均以下のキャラクターを許容する余地が十分生まれる。この方針では有力なプレイヤーのモチベーションを保つ限り特に全体のレベル上げを図らなくてもやっていける。

ただ、それでも最低必要とされるパフォーマンスだけはクリアする必要があり、その意味でこれは別の問題として捉える必要がある。

最低パフォーマンスをどう超えるか?

  • 最低パフォーマンスに到達しないキャラクターは参加させない
  • 装備の確保、Gemやエンチャントなどをギルドでサポートする
  • 別途時間をとって情報やリソースを提供する

これは非常に難しい問題。例えばプロスポーツチームであれば、当然選手交代ということになる。レイドに対してそういうアプローチで望むギルドであれば、有力な選手からレイド枠を与えるということになるが、友達中心のギルドだったりカジュアルギルドだったりするとそういうアプローチは現実的ではない。

最低パフォーマンスに到達しないプレイヤーに対しては、いずれそのことを伝えてサポートを申し出ないといけないが、個人の好みやプライドもあり、中々簡単にはいかない。単純に装備の問題であれば、Gemやエンチャントなどを提供したり、装備のファームを手助けしたりすることである程度解決できる。戦術理解や情報の問題であれば、個別にある程度時間をとって話す必要がある。広範に情報提供しても個人に伝わるとは限らないし、逆に公にパフォーマンスの話をしてしまうとプレッシャーを与えてしまう。

それでも解決しなければ、どのようなギルドであってもパフォーマンスに基づいてある程度厳しい判断をしないと、全体的なモラルが低下してしまう。

モラルの維持向上

  • 個人の良いパフォーマンスがきちんと評価されるように留意する(特にヒーラー)
  • チーム内に差がある場合、総合力が高い方のプレイヤーに留意する
  • 単調にならないように配慮する

人間だれしも頑張って結果が出れば認められたい。DPSの場合、これはRecountやSkadaのようなダメージメーターが自動的にやってくれる。タンクの場合は能動的にエンカウンターを動かしているので、綺麗な形で戦闘が終われば成果は目に見える。ただ、ヒーラー個々人の貢献だけは結果が目に見えにくい。ヒーリングメーターというものはあるが、これは高ければ良いというものではない。ヒーラーはレイドの中でもさらにチームで動いているので、個人がどれだけやったかということは余計見えにくい。ヒーラーに対しては適宜その貢献を能動的に認めてあげる必要がある。

チーム内に装備の充実度やスキルに差があると、高いプレイヤーのモラルに問題が生じやすい。既に十分経験して見入りのないコンテンツをプレイしたり、貢献度の低いプレイヤーに足を引っ張られたりするケースがでてくるからだ。こういうプレイヤーのモラルを維持するためには、貢献を評価するだけでなく、現実的な範囲で高い方にあわせていく必要がある。その為にも平均的なパフォーマンスの向上と、底上げが重要になる。

同じことばかりやっていると飽きが生じてモラルが低下してしまい、パフォーマンスや参加率に影響がある。特に今はレイドといえば中心はICCなので、目先を変えることは難しい。オフスペックやAlt Runなどを企画して少しでもプレイ感覚を変えたり、場合によっては休みを設けるのも手。

まとめ

チームとして強くなるには、そして成長し続けるにはどうしたらいいかということを整理してみた。個々のキャラクターをどうすれば強く出来るかということは、シミュレーションをベースにかなりしっかりした議論があり、英語がある程度分かれば情報の入手は難しくない。ただ、重要な側面であるにもかかわらず、チームとしての力をどうやって高めていくかという議論は英語でも余り多くはない。

ギルドの目標に合わせ、平均的なパフォーマンス、最低ライン、モラルの向上を図っていけば、個々人の成長を超えてチームとして成長することができる。これがMMOの醍醐味でもあるので、参考になるものがあれば是非取り入れて頂きたい。また、ご意見があれば是非コメント欄へお寄せ下さい。

追記

一つ書き忘れたのが、全てのギルドでこれらを全てやるべきという趣旨ではないということ。当然ギルドの目標に合わせて、色々な手段を取捨選択していけばいいと思う。

広告

強いレイドチームを作るには」への2件のフィードバック

  1. たぶんこれは
    多くのギルドが永遠に悩み続ける問題なんじゃないでしょうか。

    Raidに特化して、その成果がギルドの主軸とでもなれば
    すっきり基準づくりもできそうですが
    多くのギルドはそう言う訳にもいかないですから。

    うちの場合は、あまりシビアでないところからスタートして
    そこが受け入れられた部分もあると思っています。

    かといって、おかげで全く成果が上がらないのでは
    さすがにやる気も失われるますし
    今いるメンバーの人たちの感覚や
    今後の情勢によって臨機応変に対応しないといけないでしょうね。

    目下、まずはLK突破に向けてやれることがあれば
    やっていきたいですね!

    • ギルドの目指すところによって取捨選択でしょうね。今うちは今以上にやらなければならないことは余りないのかな、と思います。ただとりあえずはLK突破という成果が欲しいですねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中