Blood Tanking Quest III 〜そしてリスペックへ〜


HOR。無理だったw

勿論ワイプするほどではないけど、明らかにThreat面で後手に回ってるなーというのが分かった。ターゲットをどんどん取られるので、TauntいれたりDG入れたりに追われてて、その間Threat自体稼げてないんで悪循環になるんだよね。

まあ、これはもしかしたらここに特殊な状況なのかも。HORは複数Mob出てくるけど、普通はAOEせずDPSはシングルターゲットでDPSする。そのターゲットがばらけるとTankのAOEのThreatは簡単に追い抜かれてしまうからね。もう1つ言えるのはAddの途中参加。最後逃げて行くところで、Addが途中参加した際に全部掴むのが難しい。DnDは最初の集団が来たときに使ってしまうし、Blood Boilは自分の回りにしか効かないから、流れ込んだAddがヒーラーに行くと処理が難しい。FrostでタンクできればHowling Blastで一発解決なんだけど、Bloodはレンジで複数にまとめてThreatを稼ぐ手段はDnDしかない。

そんなわけでちょっとスペックをこんな感じに変えてみた。単純に言うとCrimson Scourgeを取ってBlood Boilを強化したということかな。AOE状況ではDiseaseの残り時間が問題になることはまず無いのでこれで十分かと思う。Dancing Rune Weaponはまだ十分使いきれてないけど、うまくRunic Powerを残して、Pull時からThreat50%のバフを入れるのが有効じゃないだろうか。または、これとBBなどの組み合わせでAOE Tauntの代わりに使えるかもしれない。どちらにしろとにかくDKはクールダウンをアグレッシブに使わないとね。

まだまだ要練習だ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中